マーケティング

  1. 企業と消費者がウィンウィンでなければならない

    我々は毎日生活をしていく必要があります。そのうえで、できるだけ便利に快適に生きていきたいという望みがあります。企業でも毎月従業員に給料を払っていかなければならず、その従業員にも家族がいます。その全ての人達が生きていくためには、マーケティングリサーチは欠かせない作業になるのです。

  2. 「〇〇といえば、〇〇だよね」頭に浮かばれる存在になる。

    情報が次々と更新され、新しい物やサービスが溢れているこの時代。どれを選べばいいか迷ったときに、数ある競合の中から消費者の頭の中にパッと自社が浮かべられることができたら自然と顧客は増え、売上も伸びます。

  3. セグメンテーション

    なかなか集客が伸びない原因として、適切なフィールドで自社商品を必要とするユーザー層にアピール出来ていないことが挙げられます。そこで、ターゲットを見つける手順としてSTP戦略がありますが初めのステップとなるセグメンテーションを詳しく説明していきます。

  4. 意思決定プロセスOODAループ

    業務改善や結果を出すための手法にはそれぞれメリットとデメリット、得意分野と苦手分野があります。一つの手法だけにこだわることなく、いくつもの有効な方法を併用することで期待以上の結果をもたらすことができます。

  5. PDCAを効果的に回し改善点を見出す

    売上を伸ばすためには既存の顧客単価を上げると同時に新規の開拓が必要です。新規開拓には営業活動が必須ですが、がむしゃらに営業をかけても結果につながらないこともあります。そこで自分の強みを把握して、ターゲットを絞り込んだマーケティング戦略を立てることが集客につながっていきます。

  6. ぜひ覚えておきたいマーケティング用語

    企業が中長期的に成長し続けるためには、優れたマーケティング戦略が欠かせません。そのために知っておくとよい マーケティング用語がいくつかありますので、ここではそれらについて紹介していきます。基本的な用語3選・まず一つ目は、セグメンテーションです。

  7. 競争に勝ち抜く必勝法は「マーケティング」

    商品やサービスを売るために、マーケティングは非常に重要です。マーケティングは「お客様が自分から買いたくなる状態を作ること」 と言われています。ただ広告を打ち出し商品を売り込むのではなく、商品開発から販売戦略の策定、実際の広告宣伝とその効果検証を一連の流れとして行う、それがマーケティングなのです。

  8. 顧客を喜ばすということが実はマーケティング

    ターゲティングとは市場の細分化を行った上で、 顧客のターゲット層を決めてマーケティングの戦略を策定する事を指します。ただ、マーケティングにおけるターゲティングの役割は市場を分析しターゲットを絞り込むだけではありません。

  9. ビジネスのすべては「ターゲティング」から始まる

    マーケティングや集客において、何はさておき必要なのが 「ターゲット設定」すなわち「ターゲティング」です 。「ターゲティング」とは、「どのような人に商品を届けるのかを決めること」です。

  10. 士業でもマーケティングは必要

    一見、「先生」と呼ばれる士業にはマーケティングは必要ないと思われがちですが、そうではありません。資格を持つ優秀なライバルが多い市場で、 自社の強みを他社と差別化できていないために集客できないケースも多くあります。

ページ上部へ戻る