ブログ

明確なターゲティングは売上に結びつく

がむしゃらに販促活動を続けていっても、考えるような結果へと結びつかないことは珍しくはありません。集客に慣れていない事業者の方が、マーケティング活動を実践する際には、どのようなユーザーに対してのマーケティング展開を実践するかが、検討しきれていないケースが多いからです。まずは、自社商材がどのユーザー層に必要とされるのか明確にすることが大事です。

自社の強みを把握する

ターゲティングを決めていく際には、自社が強みとする部分を洗い出していくことから始めることが大切です。得意とする分野や、他社には無い、希少性のある部分を、前もって把握しておく必要があります。また、その強みを競合他社や製品との関係、市場の規模を踏まえた形で検討していけば、自ずとターゲットとなるユーザーは絞り込まれます。そしてターゲティングが明確になることで、売り上げに結び付けられるユーザーを集客することは可能になります。
自社サービスを利用するユーザー層の全体規模が明確になってしまえば、どのようなコンセプトでターゲット層に販促を行うかは見えていきます。集客コンセプトとターゲティングユーザーが明確になることで、売り上げに結びつけるために、余分な費用を投じることは無くなり、多くの成約を導き出せるように変わっていくのです。

チラシやネット集客、ライブ配信のお悩み事、ご質問等お待ちしております!
https://www.bravoads.jp/contact/

関連記事

  1. 縦型動画は、スマートフォンの向きを変えることなく片手でフルサイズ視聴できる動画のことです。
  2. 今回はチラシ等をデザインする際の日付などの数字+単位をデザインする時のコツをご紹介します。
  3. SNSのショート動画に特化した、ストーリー調のアニメ動画制作サービスを開始しました。
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。