ブログ

顧客の満足度を高める事のほうが生産的

マーケティングは、どんなビジネスでも重要な仕事です。例えば、コンサル、税理士、弁護士などの専門知識を扱う職業でマーケティングがなかなか上手くいかないことを悩むケースも多いでしょう。マーケティングは必要、重要というのは分かっているけど中々実践出来ていない、また集客に結びついていないという問題は、生産者側のポジショニングが明確でないということが原因です。

顧客へのターゲティングにおいてそのコンセプトがあいまいになると、需要と供給のバランスが崩れ集客が上手くいきません。その結果として、商品力のクオリティがどんなに高くても サービスを提供する側の存在意義や立場が社会に伝わらず、市場価値が上がらなくなってしまうのです。製品やサービスが消費者に有意義で、社会の役に立つビジネスが埋もれてしまうのはもったいないことです。

競争が激しい専門職だからこそ


ポジショニングを明確化し、マーケティングを成功させるためには、商品の魅力や価値を消費する側の人々に対して伝えることで集客を促す必要性があります。
ターゲティングでは、すでにニーズが多い割には現在の新規参入が少ないフィールドを狙うと良いでしょう。専門性に自信があったとしても多くの新規事業が展開されている領域では、競争が激しくなり、成功率が下がるリスクがあるからです。
よって、新しくビジネスをスタートさせる場合なら、得意分野を売りにしなくても商品やサービスのデメリットや弱点を修正させる誠意を見せ、ライバルが少なく競争率の低い場所に着目し、自身がマーケットへと合わせる戦略が効率的です。スタートアップの段階では、こうした現実的なコンセプトをベースすることでよりコストパフォーマンスの良い結果が期待できるでしょう。

現代社会では、あえて競争率の高いプラットフォームを選び、商品の強みやポジティブな部分をアピールする攻めの手法が多く取られていますが、こうした方法で成果を上げられるビジネスはごくわずかです。それに対し、よりニッチな分野を選びそして提供するサービスにある問題点の改善も継続しつつ、安定した収益を得ることを重視していけば、ローリスクで事業計画が立てられます。こうすることで、結局はそのビジネス本来の強みや魅力が世間にもより認識されやすくなり、信用を勝ち取ることもできるでしょう。
資本主義経済の現在においては、競争意識の高まりによって 合理性の追求が重視される傾向にあります。しかし、マーケティングで最も重要なのは、スピードの速さではなく長期的に顧客との信頼関係を構築することです。 生産者が稼ぐことだけにフォーカスするビジネスではなく、顧客の満足度を高めることを目標とする方がより生産的です。


チラシやネット集客、ライブ配信のお悩み事、ご質問等お待ちしております

関連記事

  1. マーケティングとは、自社の商品やサービスに対して消費者に興味をもってもらうための重要なプロセスです...
  2. 我々は毎日生活をしていく必要があります。
  3. 情報が次々と更新され、新しい物やサービスが溢れているこの時代。
ページ上部へ戻る