ブログ

PDCAを効果的に回し改善点を見出す

売上を伸ばすためには既存の顧客単価を上げると同時に新規の開拓が必要です。新規開拓には営業活動が必須ですが、がむしゃらに営業をかけても結果につながらないこともあります。そこで自分の強みを把握して、ターゲットを絞り込んだマーケティング戦略を立てることが集客につながっていきます。

様々な手法がありますが品質管理の代表的な手法としてPDCAがあります。
PDCAサイクルとは、
Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)を繰り返し業務の改善を図る方法です。
Planでは、現状の課題を把握し、目標を設定します。WEBなどではアクセス数も重要です。Doでは、立案した施策を素早く実行します。Checkでは、目標の達成度をチェックします。WEBでは、アクセス数だけでなく、そのアクセス経路、サイトの滞在時間などもわかります。Actionでは、チェック結果分析し、対策を実行します。どんな要因で目標が達成出来なかったのか、次の施策で目標を達成するためには何が必要なのかを検討します。PDCAサイクルは何度も継続して回し続けます。

各プロセスを順番に回すことを一つのサイクルとして業務改善していくための手法です。目標と実行計画を定めることで集中して取り組めて、改善すべき点も見つけやすい事がメリットですが、一方で、計画と実行に対して評価を行ったのち、改善に取り組むのでおのずと時間がかかってしまうのがデメリットです。じっくりと改善点を見つけられますが、変化する消費者のニーズに答えるためにはときにはスピード感も必要です。そのため長々と実行するよりなるべく細かいスパン実行することがうまく回り軌道修正を行いやすくなります。

チラシやネット集客、ライブ配信のお悩み事、ご質問等お待ちしております

関連記事

  1. 我々は毎日生活をしていく必要があります。
  2. 情報が次々と更新され、新しい物やサービスが溢れているこの時代。
  3. なかなか集客が伸びない原因として、適切なフィールドで自社商品を必要とするユーザー層にアピール出来て...
ページ上部へ戻る