ブログ

ビジネスを進めていくうえでの戦略

マーケティングとは、自社の商品やサービスに対して消費者に興味をもってもらうための重要なプロセスです。
市場調査や分析の実施、および顧客のもつ興味への理解が必要です。
集客につなげるマーケティングを行うためには、ターゲティング・ポジショニング・コンセプトの3要素について、 その重要性を理解する必要があります。

どの顧客層に売り出すかを決める「ターゲティング」

ターゲティングを行わずに製品やサービスを売り出そうとすると、どのように宣伝を行えばよいか、どのように顧客へ訴求を行えばよいかなどを決めることがとても困難です。
製品やサービスを売り出すための労力や資源は有限ですから、全ての顧客に対応することは現実的ではありません。このため、予め対象となる顧客層を絞って販売戦略を立てて、その顧客のニーズをしっかりと満たすことが大切になるのです。
例えば、掃除用品を売り出すならば日常的に掃除を行う主婦層や一人暮らしの学生がターゲットになりますし、子供向けの特撮番組の関連商品を売り出す場合は 子供やその親、特撮ファンがターゲットになります。

顧客層に位置づけてもらう「ポジショニング」

具体的には、同じ顧客層をターゲットにしている他社の製品やサービスと比較して、自社の製品やサービスはどのような強みがあるのかを分析し、その強みを顧客に価値として認識してもらえるような販売戦略を立てる手法です。ポジショニングがうまくいくかどうかに製品やサービスの売れ行きや収益性の行方がかかっているといっても過言ではありません。

ポジショニングをうまく成立させるためには、ターゲティングによって顧客の絞り込みが適切に行われているかどうかの他にも、売り手側の考えるポジショニングが顧客に対して正確に伝わり、なおかつ顧客の共感を呼ぶかどうかが重要となります。また、売り手側の企業の理念やポリシーが、製品やサービスのポジショニングと一致するものであるかどうかも 注意すると良いでしょう。

製品やサービスの在り方「コンセプト」

この製品は何を売りにしているのか、このサービスによってどんな恩恵を受けられるのかということを顧客にイメージしてもらうためにもコンセプトの決定は重要なのです。
例えば、先述した掃除用品の例を挙げるならば、「吸引力が高く、静音性に優れた掃除機」といったものです。このように、ポジショニングで明らかにした製品の強みを活かして、製品の在り方を定義します。コンセプトが定まっていなければ、顧客に製品の独自性が伝わらない恐れがあるほか、どのような宣伝を打ち出せば良いかということが ブレてしまう恐れがあります。



顧客に購入してもらえる仕組み「マーケティング」

ターゲティング・ポジショニング・コンセプトの3要素に共通しているのは、「その製品やサービスを売り出したい顧客にきちんと製品やサービスのことが伝わるか」ということです。集客につながるマーケティングを行うにあたっては、 製品やサービスのセールスポイントを顧客に対して確実に伝える力こそが重要と言えるでしょう。



チラシやネット集客、ライブ配信のお悩み事、ご質問等お待ちしております!

関連記事

  1. マーケティングとは、自社の商品やサービスに対して消費者に興味をもってもらうための重要なプロセスです...
  2. 我々は毎日生活をしていく必要があります。
  3. 情報が次々と更新され、新しい物やサービスが溢れているこの時代。
ページ上部へ戻る